暑い夏向きの飲み方|男女関係なく起こる更年期障害【男性も要注意の症状】
家族

男女関係なく起こる更年期障害【男性も要注意の症状】

暑い夏向きの飲み方

飲料を飲む人

凍らせる方法

水素水は温度変化に強いので、暑い夏場は冷やして飲む飲み方が人気です。水素水の性質を熟知している上級者は、凍らせて飲む方もいらっしゃいます。冷え症の方は体温を下げないよう温めて飲むのがおすすめですが、冷蔵庫に入れておくと水素濃度もキープしやすくなります。もし冷やしたり凍らせたりして飲むなら、アルミパウチタイプの水素水を選びましょう。自宅で凍らせたパウチを持って外出すれば、外でも冷たい水素水を堪能することができます。ただ冷やしただけの水素水は暑い夏だとすぐにぬるくなってしまいます。凍らせた状態で持ち歩けば、飲む時にはちょうど良く冷えているので最高の味わいを堪能できます。ただ、封を切ると水素が逃げやすくなるのでコップに移し替えずパウチのまま飲むのがポイントです。

飽きずに続けるコツ

水素水は毎日継続して飲むことが、美容、健康に役立てる秘訣です。たった1日だけ大量に飲むより、毎日少しずつ飲んだ方が効果を発揮する飲み物です。ただ、水素水はジュースやお茶のように強い味がないので、毎日飲むことで飽きてしまう方もいらっしゃるかも知れません。そんな時は温めたり冷やしたり、温度を変えて色々な楽しみ方をしましょう。凍らせて飲む方法も夏におすすめですし、温度変化に強い性質があるので多様な飲み方ができます。ただし、沸騰させると水素が放出されやすいので、温める時は加熱方法に注意しましょう。アルミパウチの水素水を沸騰したお湯に30秒ほど入れ、60度以上の高温にならないよう温めるのが理想的な温め方です。